【永久保存版】災害時に役に立つ水の使い方

 

 

 

どもゆーいちです。

 

今回は災害時に役立つ水の浄化・消毒・保存方法などいろいろひっくるめて水の使い方として役立つTipsをお送りします。

 

少し前にも

 

affliate-yuichi.hatenablog.com

 

を書きましたが、同様に少し手を加えれば山で遭難した時にも使えると思うので登山予定の方は読後に自分なりにアレンジしてみると良いかもしれません。

 

水分補給について

  • 生きていくのに必要な飲み水は2.5L/日程度 。
  • 被災すると水を飲む余裕がなくなったり、トイレに行きたくないという理由で水を我慢したり、乾燥したべものが多くなり、水分が不足しがちに。それがイライラ、体調不良、エコノミー症候群などにつながることがある。
  • 水の確保がむずかしい場合もあるが、1回コップ一杯150ml程度の水をこまめに、ふだんより高頻度に飲むようにする。
  • 避難生活では、一定間隔でアラームなどをならし、 水を飲むと同時に血液の循環がよくする為に軽く体操すること。

 

水確保に必須・ポリタンクの選び方

  • ポリタンクは容量が10Lのものがいざというとき運びやすい。それほど重くなく、10Lを両手にもったほうがバランスがとれ、キャリーバッグにも収納できるので、被災して給水車から水をもらうときも運ぶのが楽。
  • 給水゙口の大きい容器を選ぶ。手が入るくらい大きいとタンク内部が洗いやすい。内部に汚れがあると水は腐敗しやすいので使い切ったら給水する前に洗うこと。
  • なるべく不透明な容器を選ぶ。太陽光や温度上昇による塩素の殺菌能力低下を防ぐことができ、水のもちがよくなる

 

 

ポリタンクで水をそなえる 〜水道水の入れ方〜

  • 洗ったポリタンクをよく乾かす。
  • 水は少しずつポリタンクに注ぐ。勢いよく注ぐと空気が入り、腐敗の原因になるので注意。
  • ポリタンクの口元まで水を入れ、空気が入らないように注意しながらキャップを閉める。

 

やってはいけないこと

1. 水道水を煮沸させてからポリタンクに入れる

水道水に入っている塩素は、煮沸すると熱で分解される。塩素の入っていない水は雑菌におかされやすい。

 

2. 浄水器を使って水を入れる

浄水器を通した水は塩素がなくなってしまうため、雑菌におかされやすい。

 

 

ポリタンクで水をそなえる 〜保存と入れかえ〜

  • 水を入れた日をシールやタグなどに書いてポリタンクに張りつける。
  • なるべく暗くて涼しい場所におく。直射日光が当たるような場所に置くとバクテリアが繁殖してしまう。
  • 飲水用の水は、夏場は3日、冬場は10日をめどに入れかえる。
  • 期限切れのタンクの水は、炊事、掃除、水やりに使う。
  • しばらくたった水は生活水にするか、煮沸消毒してから飲む。  

 

水の温め方

1.耐熱ペットボトルを用意黒のスプレーで着色、あるいは黒ガムテープを巻く。

2.ペットボトルに水を8分目まで入れる。

3.コンクリートの上におく(発泡スチロールケースに入れてラップなどで密閉する

 

と熱がこもるのでさらに良い)。

4.できたお湯は体をふいたり、洗髪、ボディウォッシュに使う。

 

ちなみに耐熱ペットボトルは以下のような点を目印にしてください。

 

f:id:affliate-yuichi:20160504163106g:plain

出典:キリンなるほど研究所

 

 

非常時の水を確保する方法 〜水源探し〜

  •  大元の流水口が地面よりも高い位置にある水
  • トイなどで流水口を浮かせた水

からの水は飲んで構わない。

 

f:id:affliate-yuichi:20160504163102p:plain

 出典:もしも!水ノート

 

ただし、水に寄生虫が含まれている可能性もあるので可能であれば煮沸すること。



非常時の水を確保する方法 〜簡易消毒編〜

1.比較的綺麗な湧き水or簡易洗浄した水をキレイな2Lペットボトルに詰める。

2.そのボトルにスポイトを用い、塩素系漂白剤を1滴垂らす。

3.フタを閉めて全体に拡散されるように混ぜて30分おく。非常時に飲用可能な水が完成。


塩素系漂白剤はブリーチ、ハイターなどがよい。キッチンハイターなど洗剤が入っているものは不可 

 

その他水の使う上での工夫

洗濯

洗剤量は極力減らす。

洗剤はたくさん入れたからといって汚れ落ちがよくなるわけではないし、逆に洗剤の量を減らすことですすぎの回数を減らせる。

 

洗剤代わりに重曹をつかっても良い。

重曹を入れると汚れを落とす力が高まるし、泡立たないのですすぎを減らすことができる。  

 

食器洗い

ラップで皿を覆い、皿自体が汚れないようにする。

これだけでかなりの節水になる。

 

ボディウォッシュ

水なしで洗髪できるドライシャンプー使うと良い。

ドライシャンプーを直接頭につけてマッサージし、汚れを浮き上がらせてタオルなどで拭き取る。

 

商品によってはアルコールが入っており、除菌効果もある。

 

www.kenko.com

 

参考:水ジャーナリスト 橋本淳司 「もしも!水ノート」