読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ホームレス芸人・小谷さんこそ和顔愛語を象徴している

f:id:affliate-yuichi:20160804204337j:plain


どもゆーいちです。


ぼくには1つだけ一生続けていきたいことがあります。


それは和顔愛語というものです。


どこでこの言葉を知ったか詳しく覚えていないのですが

おそらく天皇陛下東日本大震災被災地の仮設住宅訪問のニュースの時だった気がします。

f:id:affliate-yuichi:20160804203041j:plain
http://virates.com/society/3318826


和顔愛語の意味は、

「和顔」とは、読んで字のごとく「和やかな顔(表情)」ということ。
「愛語」とは、優しい言葉ということです。
つまり、和やかな笑顔で優しい言葉をかけることという意味になりますが、こうすることで自分も相手も幸せにすることが出来るということを意味します。


親鸞聖人の魅力より


こういう言葉を考えられるは親鸞ほんとにすごいな〜



この言葉を半年前くらいに知り、意識して生活を送ってみるも

ひねくれた性格なので成果があまり出ず・・・w


言葉を知っていても、目標となる人がいないとどのように実践すればよいかが分かりにくかったんです。


さすがに天皇陛下ほどのレベルまでいくと目標にはできない・・・



しかし、3月ごろにホームレス芸人の小谷さん(@kotanimakoto)こそ和顔愛語のひとやん!

ってなり、この人をロールモデルに決めました。

f:id:affliate-yuichi:20160804204830j:plain
http://www.miyahaya.com/


小谷さんの人柄に関しては宮森さん(@Miyamo_H)が記事にしてくれているので割愛しますが、

「人生勝ち!」の精神で心から楽しんでたくさんの人を幸せにしている生き方は

岡田斗司夫さんの言う評価経済社会の理想的な形と言えるでしょう。

www.miyahaya.com



しみさん(@shimi_yurutabi)も記事にしてるので紹介。

blog.hanauta18.com


実践してみた結果

最初は考え方を約180°変えることになるのでとても大変な作業ですが

1週間前くらいにやっと自然にできるようになりました。


周りからは

「お前暑さでおかしくなった?大丈夫?」

と皮肉なお褒めの言葉をいただけるようになりましたw

まとめ

まぁそうはいっても別に全員に良い顔したさにやってるわけじゃないです。


高評価を得るために全員に頑張って良い顔をしても疲れるだけだし

変なとこでボロが出て結局マイナスになるのがオチです。


そういった表面的なものではなく

自分の幸せ・他人の幸せを前提に和顔愛語を実践すれば

副次的に周囲からの評価も上がるはずです。


これ、まさに小谷さんですよね?


自分の幸せを良い形で分けていく


これからもその意識で取り組んでいきます。



P.S.
この和顔愛語に限らず、「ありがとう」のように

仏教由来の言葉って生活する上での支えや目標への道しるべとなりますよね。


長い年月をかけて創りだした考えはぼくたちの実生活でもとても役に立ちます。


大峯千日回峰行というとても厳しい修行を完遂された慈眼寺住職・塩沼亮潤さんのスピーチにも

道しるべとなる内容が含まれているのでチェックしてみてください。


www.youtube.com



んじゃ〜