島旅 瀬戸内海のアートを堪能してきた


ども、ゆーいちです。


直近の土・日の2日間、友達と直島と豊島(てしま)に行ってきました。








主な目的はアート観賞で、写真にある場所の他に豊島美術館地中美術館・ベネッセハウスミュージアム・釘工場にも足を運びました。


タイミングよく?先週、瀬戸内国際芸術祭が終了していて展示場がいくらか閉まっていたのですが、その代わりに観光客がすごく少なくて作品を存分に楽しめました。


ぼく的にはANDO MUSEUMと地中美術館が特に良かったです。安藤忠雄すごい。



夏休みに八丈島にも行きましたが、やっぱり島はいいですね。

空気いいし、風が気持ちいいし、何より景色が最高にいいです。







写真を撮るのを忘れましたがご飯もとても美味しかったです。


今回の訪問は冬でしたが、瀬戸内海は夏のほうが絶対面白いので今度行くのは夏ですね。もちろん良い写真を撮るためにミラーレスを持って。


新しい発見・体験の連発ですごくいい時間が過ごせました。

誘ってくれた友達には感謝です。


次は沖縄かな?



んじゃ〜



P.S.
宇都宮⇆岡山の移動はずっと在来線で片道14時間かかるんですがその間の暇つぶしはひたすら読書。


もちろん何冊もリアル本を持ち運んでいるわけがなく、読みたい本は全てkindle paperwhiteに入れてます。


今回読んだ本は以下の12冊。



白本 参

白本 参

「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 (講談社現代新書)

「欲望」と資本主義-終りなき拡張の論理 (講談社現代新書)

必要十分生活

必要十分生活

ソープランドでボーイをしていました

ソープランドでボーイをしていました


英語の勉強もしながらだったのであまり冊数は多くはないです。


西原さんと中村さんの性に対する考えが似てて面白かったです。

高城さんはあいかわらず最高でした。特に白本の役立ち度は異常。黒本もおすすめです。


黒本

黒本



kindleの充電30%くらいで宇都宮を出発したんですが、その後の4日間充電切れを起こすことはありませんでした。

本当にkindle使い勝手が最高なので少しでも本を読むって人はマジで買ったほうがいいですよ。

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 16GB、ブラック