ミニマリストのモノ語り~SETTLERの財布~

 

 

どもゆーいちです。

 

 

今日は財布の紹介をしてみます。

 

この財布はSETTLERというブランドのモノです。

ホワイトハウスコックス社のデフュージョンブランドとして誕生した「セトラー」。

その「セトラー」ワンワールドコレクションで使用されている革は、十分な厚みをもった、イタリア産の成牛の一枚革です。

自然の草木や種子でフルベジタブルタンニングし、革の表面を起毛させたヌバック仕上げをしており、最後にオイルを染み込ませたその革は、人工的な要素は一切使用せず、環境に配慮した製法で作られています。

とてもしっとりとした手触りが特徴的です。

この革は使い込むうちに毛羽立ちがなくなり、光沢感ある革に変化してきます。

使えば使うほど手に馴染み、色濃く変色していきます。

コットンライニングやリサイクルブラスなど、パーツに使用している素材全てが環境に優しいものであることを示す 「ワンワールドマーク」 が目印です。

 

ホワイトハウスコックスっていうのはファッションに興味のある人なら絶対知ってる有名なレザー製品会社。

その派生ブランドがこのSETTLERです。

 

 

ぼくは浪人している時、ストレス解消のためにした夕刊配達のバイトをしていました。

その新聞配達で稼いだ分で買ったのがこの財布です@大阪・茶屋町

 

 

上記の説明にもある通り、最初はちょっとザラザラで毛羽立ってるんですが、2年くらい使うとこんな感じになります。

f:id:affliate-yuichi:20160326205716j:plain

 

大きさはこれくらい。

f:id:affliate-yuichi:20160326205727j:plain

 

f:id:affliate-yuichi:20160326205723j:plain

 

カードの容量もちょうどいいです。

f:id:affliate-yuichi:20160326205730j:plain

 

この刻印も経年変化でなんとも言えない味を出しています。

f:id:affliate-yuichi:20160326205720j:plain

 

メンテナンスについて

財布にオイルって塗るものなのかわからないですが、ぼくはコロニル 1909シュプリームクリーム デラックスを靴と兼用で使ってます。

磨いた後に良い感じで光沢が出るので見栄えがすごく良くなります。

 

 

あ、ちなみにこれはビルケンシュトック直営店で売ってるやつです。  

 

 

この財布どうする?

ミニマリスト=アブラサスみたいになってますが、ぼくはこの財布にすごく思い入れがあるのでこのまま使い続けていきたいです。

 

また1年後にどれだけ財布が変化しているのか。

とても楽しみです。

 

torefa.com

 

 

  

 

今日のゆーぴく(newspick)

www.gizmodo.jp

 前回の記事でミニマリスト向けの商品を紹介しましたが、

今回はゆーぴくの方でミニマリストというよりも軽トラキャンパー向けの商品を紹介します。

 

この「Hotaru」は「コンパクト+エコ+シャワー」というもので、一度シャワールーム土台部分に19L入れると放水と浄化を繰り返して計210分使える仕組みになっています。

 

軽トラキャンパー向けの商品とは書いたものの、35万円程度と中古軽トラと同じくらいの値段なのでお金払って銭湯に行ったほうがよさそうですね。

 

ただこの商品は、清潔な水の少ない発展途上国で活動する方や、被災地などではかなり活躍しそうですね!

 

P.S.「Hotaru」とは少し違いますが、シャワーが浴びれないという時はAOBiome社のMother Dirtを使って、「バクテリア」で体をキレイにしてみては?

 

www.gigamen.com

www.excite.co.jp

 

  

んじゃ〜