【ぼくのミニマリズム】ミニマリズムを知ったきっかけ

 

f:id:affliate-yuichi:20160806192806p:plain

 

どもゆーいちです。  

 

今回から何回かに分けて、ぼくの考えるミニマリズムについて記事を書いていきます。

まぁ肘さんのブログに寄稿したものに少し手を加えたものなんだけどね!

 

実際、あの記事は7000字とかブログ記事にしては分量が多すぎて読み切る前に閉じちゃったって話をいくらか聞いたんですよ。

せっかく時間をかけてつくった文章なんだから未熟ではあるけどある程度核心は突いているであろう自分の考えが伝わるようにしたかったんですよね。  

 

昨年6月頃に一気に火が突いた「ミニマリズム」ですが、SNSとかネットニュースのコメントみると結構間違った解釈してる人が多かったんですよね。

ミニマリストを名乗ってる人でもたぶん「ミニマリスト=バックパック1つとかすくない荷物で生活をしてる人」って捉えている人多いと思う。

特にブームになってからミニマリズム実践し始めた人に。これはちょっと違うと思うなぁ。

ミニマリズムは思想なのでそんな単純じゃない。(とおもう。)

とりあえずぼく的ミニマリズムについて書いていきますね〜

 

 

まず、いつミニマリズムを知ったのかというと2013年10月半ばです。

この時期、僕は大阪で浪人をしておりセンター試験に向けて猛勉強中でした。

当時の志望校は東大か京大だったので勉強しないと落ちると思って必死こいて机に向かってました。(ちなみに京大の志望理由は京アニというアニメ制作会社が京都にあるから)  

浪人が始まって半年位は後のことを考えず問題を解きまくっていたのですが、思ったように成績が伸びず、少し鬱状態に。

そんな中でも伸びない理由を考える時間も惜しいと思い、同じような作業を繰り返していたのですが、安い木のイスを使用していたことも影響したのか腰の容態が悪化して立つのもままならないほどになってしまいました。

加えて鬱の悪化です。  

鬱と体調不良。この2つは実は影響しあっているのですが、当時は知らなかったため腰の状態を良くするためにとすこし休み、しばらくの間はアザラシのようにベッドに横たわってアニメを観ていました。(笑)

アニメって現実逃避の手段として優れていまして観始めると止まらなくなっちゃいます。2週間で最近の面白そうな作品全部観てしまいました。  

 

まぁでもそんなことしても残るのは迫ってくるセンター試験への焦燥感とアニメに登場した可愛いキャラクターからの誘惑くらい。

さすがにこのままでは廃人になり人生詰みゲーになると思ったので打開策を探し始めました。

 

とりあえず狭い部屋にモノがあふれていたので断捨離をしようと思い、こんまりさんとかやましたひでこさんからアクセスし、色々情報収集をしていました。

でも主婦向けな表現とか方法でなんかパッとしませんでした。

情報収集を始めて2日後くらいで肘さんという方が運営しているブログを見つけました。

最初に見た記事はモノを買うときのルール だった気がします。

めちゃくちゃ懐かしい。コメントしている人とかも今と全然違いますね。

これが当時のぼくとしては青天の霹靂とも言えるほどの衝撃で、この考えを吸収すべく、過去記事を一気に読みました。  

 

肘さんのブログはよくあるハウツーだけの自己啓発まみれのものではなく、ミニマリズムに対して学問的なアプローチをしていてめっちゃ腑に落ちます。

肘さんのブログをしっかり目を通している方なら分かると思いますが、思想だけではなく、商品レビューやモノの管理やモノを買うときの基準などの記事なども掲載されています。

それらを漏れなくチェックし、何を捨てるかを1日で立て、翌日に実践してみました。

  • 衣服が大量にあったので100着→10着くらいに絞った
  • 使用する参考書は各教科1つに絞った。(単語帳は別)
  • 置物も家族の写真だけに絞った。

  物を捨てる系でやったのはこのくらいです。

それに加えて、健康状態を向上させるためにランニングや入浴など血行を促進させるようなことも取り入れたり、考え方も肘さんのブログを参考に一気に変えました。  

 

自分でもびっくりしたのですがそれまでは精神的に参ってて何もできなかったのに、

一週間で、健康状態が回復し、笑ったりようになり頭も働くようになりました。

心と体ってほんとにつながっているんだなぁと感じました。  

 

こうなるとしめたもので、毎日ミニマリズムに乗っ取った勉強法で集中して勉強し、年末の東大模試では名前こそ掲載されませんでしたが、成績上位者になっていました。

残念ながらセンター本番・英語でまさかのマークミスをしてしまいほとんどの国公立大学に行けなくなってしまうという事態になってしまいましたが、なんとか宇都宮大学に潜り込むことが出来ました。  

 

大学受験は一般的な見方では失敗してしまいました。

しかし、ぼくは浪人中にミニマリズムを通して「記号ではなく機能というフィルターを通して物事を見る」という考えを得ました。

ぼくとしてはむしろ記号性の高い東大に行けず(まぁ機能性も高いですが)、レベルの低い宇都宮大学に進んだことで「記号」に執着しない考えを身につけることができました。

東大行ってたら今頃は記号性の高いことばかりやって消耗してたでしょう。

一時的にはこの結果はマイナスですが、人生という長期的なスパンで考えれば間違いなくプラスになるでしょう。  

 

今回は以上です。

 

P.S. 肘さん以外にぼくが当時影響を受けたブロガーは大谷真央さんです。

女性向けのファッションの記事も多いので女性には是非読んでいただきたいですね。  

 

otanimao.com

 

んじゃ〜  

 

minimarisuto.jp