読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

目の保護には無料色温度調節アプリf.luxが最適

テック

f:id:affliate-yuichi:20160827130125j:plain



ども、ゆーいちです。


最近ブログ執筆やバイトなどでPCを使う時間がかなり増えました。


だいたい10時間くらい触ってます。


いやー地味に辛いです。


急にPC生活に切り替わったことで

眼精疲労が蓄積されて体調不良になってしまいました。


何かしらの対処を取らないと後々やばいことになると思い

解決策を探していたらf.luxというアプリを見つけました。


このアプリ結構良くて、使用前後で目の疲れが劇的に改善したので紹介します。


f.luxのインストールはこちら

PCレンズよりも役立つf.lux

f:id:affliate-yuichi:20160827125459p:plain


画面が発するブルーライトを長時間浴びることで

生体バランスの乱れがおこり体調不良になるのですが

最近はこの問題への対策としてPCレンズがよく売られています。
ブルーライトの悪影響は科学的には立証されていないのですが、現に被害が出ているので何かしらの影響があると思います。ブルーライトを長時間(または夜)に浴びることが問題ですが、実は昼間に浴びないことも問題です。

hibikenkou.net


しかし、実体験からするとJINSのPCレンズは大して効果はなく

最終的には伊達眼鏡としてPC作業時以外での利用になってしまいました(笑)


そもそも人によってブルーライトの強さは異なるので

PCレンズでは遺伝的に異なるユーザー全員に対応しきれないでしょう。


それに比べ、このf.luxは自分の好みで強さを調節できるのでPCユーザー全員にオススメできます。


しかも無料


また、f.luxの特徴で面白いのがwi-fi通信下で位置情報を送信しておくと

現在地の時刻に合わせてブルーライトの光量を調整してくれるというところ。


ブルーライトは脳を興奮状態にすることから

昼間は多め、夕方以降は少なめと時間ごとにアプリが自動的に調節してくれます。

(もちろん自動調節をオフにすることもできます)


f.luxの使い方

基本モード

f:id:affliate-yuichi:20160827121309p:plain


図のような地図が現れます。Macの場合はGPSを内蔵していないので、

Wi-Fiルーターの位置情報を利用して現在地を特定します。



f:id:affliate-yuichi:20160827121608p:plain

メニューバーに表示される専用メニューから環境設定を呼び出すと、

上図のような画面が現れます。


図は通常の色温度である6500Kの状態です。


これが「Daytime」モードです。


グラフの左下にある時間は起床時間を示しており、

この時刻を変更すると主に「Daytime」モードになっている時間帯が変化します。


またスライダーを左右に動かすと、「Daytime」モードで使う色温度をカスタマイズ可能です。


下部の「Location」に表示されている数字は、Macの位置情報です。


色温度が3400Kになる「Sunset」モードは初期設定の状態では、19時ごろからこの表示になります。


画面が少し黄色く、ハロゲンランプと同じような色です。



最後に色温度が1900Kになる「Bedtime」モード。


23時ごろからこの表示になり、画面がオレンジ色になります。



この「Bedtime」から「Daytime」に切り替えると光が目にしみるはずです。


6500Kの色温度がいかに目に刺激を与える状態であることがわかりますね。



f:id:affliate-yuichi:20160827121808p:plain


プリセットを「Working late」に替えると「Sunset」には切り替わらず、

時間帯によって「Daytime」「Bedtime」の各モードになります。



f:id:affliate-yuichi:20160827121858p:plain


プリセットを「Classic f.lux」に替えると「Bedtime」には切り替わらず、

時間帯によって「Daytime」「Sunset」の各モードになります。


他のモード

f:id:affliate-yuichi:20160827122149p:plain

メニューバーから「Options」を選ぶと「Sunset」モードへの切り替えや週末のスリープ、未成年向けのモードなどを選べます。


f:id:affliate-yuichi:20160827122214p:plain

メニューバーから「Color Effects」を選ぶと、暗室(Darkroom)や映画鑑賞(Movie mode)などに適したカラーバランスも選べます。


暗室では、画面が赤と黒で表現されます。


映画鑑賞のモードでは、色温度が少し下がって暖色系になります。


f:id:affliate-yuichi:20160827122249p:plain

あと1時間だけ通常の色温度で作業したいという場合は、

メニューバーから「Disable」→「for an hour」を選びましょう。


1時間限定で通常の色温度に戻ります。


オススメ設定

f:id:affliate-yuichi:20160827123531p:plain

ぼくは「Recomended Colors」ではなく「Custom Colors」に変えて

オリジナル設定にしてます。


Daytime→5000K

Sunset →3300K

Bedtime→2300K


という具合です。


参考までに。


スマホでも使える?

Andriodでは全く同じものが出てるので是非インストールを。



f.lux (preview, root-only)

f.lux (preview, root-only)

開発元:justgetflux
無料

posted with アプリーチ

iOSは残念ながら2015年末でApp Storeでの公開が中止になってしまったので

iphoneの純正機能Night Shiftで代用しましょう。


なお、公式ではないのですが脱獄するとiPhoneでも使えるので

どうしても使いたい.....という方はやってみてください。


www.appbank.net



まとめ

外部からの情報量の8割は目から得ていると言われています。


生きていく上で目を健康的に保つことは重要度がとても高いのです。


その大事な目をツールであるPCやスマホに侵食されないようf.luxやホットアイマスクなどをうまく利用していきたいですね。


最後にもう一回リンク貼っときますね。

f.luxのインストールはこちら



目の疲れは血行悪化なども要因なので

休憩時間にマッサージをして血の巡りを良くするのもオススメです。

www.excite.co.jp



P.S.
ほとんどの方は知っているかと思いますが、ブルーベリーは目に良いというわけではないです。



んじゃ〜