読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

久しぶりのビルケンシュトックの靴メンテナンス

最小主義




ども、ゆーいちです。



だんだんと朝が肌寒くなり、山も緑から黄色に移ろい始めました。


6月ごろから少し前まで雪駄を毎日のように履いていたのですが、最近は足の指先が辛くなってきたのでこれからはスニーカーと革靴で回していくことにしました。




夏の間は革靴は暑くて履けたものではなかったので4ヶ月ほど靴箱にしまっていたんですが、しばらく見ないうちにだいぶ汚れてました・・・。


天然素材を密閉空間に長時間放置するのは良くないですね。



という事で綺麗にしていきます。


メンテナンス


使う道具は保湿クリーム・補色クリーム・ブラシです。


この写真には載っていないですがほこり落とし・クリーム塗布用のタオルもあります。


まずこんな感じでヒモを解いていきます。



解いたらこんな感じになります。


モンタナって靴紐の通し方が変わっていて汚れやすいのでメンテナンスするときは必ずヒモを解くようにしています。


やる事は他の革靴と同様で汚れ落とし→オイル塗布→ブラッシングだけです。




クリームは1909シュプリームクリームデラックスっていうビルケンシュトックオフィシャルのモノを使っているんですが良い感じのツヤが簡単に出せるので重宝しています。




ついでにボストンの手入れもしました。


脱色がひどかったので補色クリームを塗ってからメンテクリームを塗りました。


まとめ

しばらくメンテナンスをしてなかったので気持ちよかったです。


f:id:affliate-yuichi:20160929113551j:plain


この靴は18年使っているらしいのですが



昨日、土井さんと一生モノについての話をしたばかりなので、革靴2足ともこの靴くらい使い込んで「自分の足」になるようにしっかりとメンテしていきたいと思います。



jooy.jp




んじゃ〜