読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついにワイヤレス充電の時代へ!AirVoltってどんなやつ?

テック

f:id:affliate-yuichi:20160920232007p:plain




ども、ゆーいちです。



ついに、ついに。


クラウドファンディングサイトIndigogoでワイヤレス充電器AirVoltのキャンペーンがスタートしました。





1年以上前からワイヤレス充電の話がいろんなところから聞こえてくるようになり、今か今かとそわそわしていたのですがやっとお目見えしました。


ちょっと今回はAirVoltの紹介をします。

AirVoltってこんなの

f:id:affliate-yuichi:20160920230559p:plain

使用するのはこのトランスミッター(右)とアンテナ(左のスマホについているヤツ)の2つです。



f:id:affliate-yuichi:20160920230733p:plain

正常に充電する場合は発信機の9m以内、最大距離は12mです。


充電スピードは平均で510mAh、最高で565mAhなので最近発売されたiPhone 7(1,960mAh)は3.5~4時間以内には確実に充電が完了します。



f:id:affliate-yuichi:20160920230849p:plain

【要約】
今まで多くのディベロッパーたちがラジオ波からエネルギーを手に入れようとしていたが、効率の問題から実現が厳しかった。
しかし私たちはトランスミッターとアンテナを作り、それによってラジオ波をエネルギーに転換することを可能にした。

f:id:affliate-yuichi:20160920231036p:plain

AirVoltには20-80モードというシステムがあります。

このモードでは電池残量が20%以下になると自動的にチャージを始めて、80%まで回復させてくれるようです。(もちろんアンテナとトランスミッターをつけた状態で)
*チャージは80%で留めておくのが最も電池の劣化を防ぐらしい

AirVoltの使い方

f:id:affliate-yuichi:20160920225822p:plain


まずアンテナをスマホに挿します。




f:id:affliate-yuichi:20160920225944p:plain


それでトランスミッターをコンセントに挿すと完了です。




f:id:affliate-yuichi:20160920230433p:plain


またこのトランスミッター自体にも充電機能が備わっているので、コンセントにつないでいない状態でもトランスミッター上部のボタンを押せばワイヤレス充電が可能となっています。



【AirVolt紹介動画】

vimeo.com


まとめ

技術面で大きく異なるとはいえ、非接触電力伝送が割と前から普及していることを踏まえると正直遅いな・・・というのが個人的な意見です。


今回紹介したAirVolt以外にも,KDDIとOssiaが共同開発しているCotaも今年末に製品化されるようです。


japanese.engadget.com



今後世界全体でIoT化していくことは必至なので、IoTの縁の下の力持ち的存在であるワイヤレス充電の分野は競争が激化していきそうです。


ワイヤレス化が進みどんどん動きやすい時代になってきていることにワクワクを隠しきれません!



んじゃ〜